「気分屋」とは?喪失感から立ち直るには…

誕生から死に至る間に積みあがってきた、肉体的な苦痛や感情的なショックなことが原因でかく乱され、奪い取られた生命エネルギーを元の状態に戻します。

痛みや心配、全般的な不幸せな気分を緩和して「心」の状態を静めて落ち着かせることができます。心の中の自由がますます多く存在するようになり、心が軽くなるといえます。人生で得た知識や良い経験はそのままに、気分は子供の時のように明るくなると言い換えることもできるでしょう。心とは不思議なものですが、意外に単純なところもあります。恋をすると親愛の情は増大し病気を克服することも可能です。さらに、相手に拒絶され親愛の情が減少すると健康な人でも病気になってしまう恐れがあります。

心や精神性を扱う分野は、目に見えない偉大な力、太古の昔から行われてきた儀式、宇宙や大地とエネルギーの繋がり、祈りましょう神が助けてくれる、この薬を飲めばすべてを忘れることができる、などなど…数えられないほど乱立しています。

人間としての本性についての知識が欠けているため、「心」の治療分野は混乱したものになっています。私たちが実践している方法は過去に利用できたかもしれない、どのような治療方よりも心の状態を向上させることが可能です。ここで行う治療方法とは、個人としての「その人に直接」働きかけることによって、その人の過去のかく乱が治まり心を軽く、穏やかな状態に戻していく方法のことです。そして、この方法が信頼できるものである証拠に「まずいセッションの修復をすることができる」点を紹介しないわけにはいきません。

カウンセリングにおいて上手くいったケースとうまくいかなかったケースの2つを経験することがあるでしょう。

一般的に、一度行われたカウンセリングを修復するという事を聞いたことがありますか?

始めにいったカウンセリングサロンで満足な結果を得なかった人が、別の系列・別系統の治療法や癒しの場に出向いて「以前、別のところで受けた治療に満足してない…」などと話し始めたら、いかさま師(ペテン師、詐欺師)などは得意げに「あ~、始めからここに来てたらよかったのに…」などと言うかもしれません。

目の前にいる人(患者と呼ぶと語弊がありますが)の、状態を評価して、治療の見積もり、治療の実践、そして上手くいかなかった治療を修復・修正でき満足のいく結果を得てもらう、ことのできない実践方法や治療家はその場では「ありがとうございます」という言葉を受け取ったとしても、患者の状態を何一つ改善していない結果になる確率が高いものです。

心の状態を自然現象である極性とエネルギーという観点から捕らえた場合は以下のようになります。小さな磁石のそばに大きな磁石を置くと小さな磁石の極性は変化します。また、集団ヒステリーの現象というものがあります。それは集団の中の一人や二人がかく乱され、続いてその集団の残りの人々が急速にかく乱されていく現象です。黒人の扱いに対してデモを行っていたところ、その一部が暴徒化し略奪や破壊行為をしてしまうなどが当てはまります。

さらに、比較した場合、不良達の集団に入ると不真面目な傾向が強まり、そこから抜け出すと真面目な傾向が強まることに気付くことがあるかもしれません。そこで生じた混乱や有害なエネルギーは、その周りに伝染・伝播するという事を知る必要があります。

怒りや悲しみも周りにうつっていきます。そしてここが重要なポイントですが、自分の心(頭の中)でも同じような現象が起こっています!ある出来事で、怒りや苛立ち、悲しみを経験すると、その際に生じたかく乱や、有害な悪いエネルギーが心(頭の中)で『伝播、拡散』されて「気分が変わる」と表現される行動に現れます。少々強引ですが「気分屋」とは、自分の意志ではなく、心に残る過去のかく乱や混乱の影響、過去に経験した有害な悪い出来事のエネルギーが心の中で伝播・拡散することにより心が乗っ取られてしまう現象である、といえるかもしれません。

慢性的に落ち込んでいたり、ずっと気分が鬱状態の人、悲しみにはまり込んでいる人などは、心の中で『伝播、拡散』されるものが非常に多いといえるかもしれません。

人間の本性、とりわけ心についての(効果のある)知識を知り、(良い結果につながる)実践方法を獲得するには、責任が伴います。

正しい知識と、最後までの責任を引き受けて、良い実践をしていくことで人は変われます。穏やかで、落ち着き、心が静まる状態を体験できます。その状態を永遠のものにすることも可能です。永遠、永久的に続く…。

今日はここまで。